おさえておこう冠婚葬祭マナー

披露宴ではどんなことに注意するのか

披露宴の当日に一番失礼になってしまうのは遅刻をして式途中で入場をしてしまうことです。
電車がトラブルが発生して遅れてしまったりするなど当日に思わぬアクシデントが発生することもあるので式が始まる30分前には余裕をもって到着しておきましょう。
そのため会場までの道のりは事前に会場までの道のりや電車の乗り換えを調べておきましょう。
そして、受付では新郎と新婦で分かれていない場合はどちらの関係者なのかを伝えて言葉を伝えましょう。
もし遅刻をしそうになったら、会場にすぐに電話をして受付の人やスタッフにどのくらい遅れるのかを伝えましょう。
ついたら会場のスタッフに理由を説明して案内をしてもらいます。
持参をしたお祝いのお金は、手で渡しましょう。
祝儀袋は、まず自分のほうに向けてふくさから出して軽くたたみます。
そして、かならず表書きを相手に向けて両手で差し出しましょう。
地域によって違いがあるので事前に目上や年配の方に確認をしておくと安心です。
渡したら、記帳をした後に席次表を受け取って指示にしたがいましょう。
その後は控え室で騒ぎすぎないようにして、和やかにすごしながら係員の指示があるまで待ち、すみやかに行動をしましょう。